弁護士法人アークレスト法律事務所
通話による無料相談/平日9:00-19:00受付
03-4405-1041
まずはフォームから無料相談|簡単入力・受付後は即対応/スピード解決

Twitterでの誹謗中傷被害、ポリシーと削除申請の方法について

最終更新日

Twitterでの誹謗中傷被害、ポリシーと削除申請の方法について

Twitterは誰でも気軽に参加できる便利で人気のSNS!

Twitterは若者を中心に、世界中で利用されているSNSです。日本だけでも、4500万人以上のユーザーが存在するといわれ、その数は年々増加しています。Twitterでは、入力する文字数が決められていまるが、逆にそこが人気の秘密だともいえます。文字数が決められていているため、気負わずほんの一言でも発信ができて、誰でも簡単に参加できるのがTwitterの人気の秘密でしょうか。

しかし、Twitterは誰もが気軽に参加できるからこそ、誹謗中傷などが頻繁に起きてしまい、多くの利用者が不快な思いを経験しているという結果が出ています。

Twitterで書かれる誹謗中傷とは?

Twitterでは、まったく事実無根のことをかかれて迷惑をしているということから、過去の犯罪歴など、他人に知られたくない事実を公開されてしまったということなど、さまざまな誹謗中傷があります。中には、会社やお店の悪い評判を流されてしまい、経営が立ち行かなくなったケースもあるのです。

なぜTwetterで誹謗中傷を書き込むのか?

それでは、Twitterで誹謗中傷を書き込む人というのはどういう人なのでしょうか。あることないことを書き込んだり、人の悪口を発信したりするなんて、とても悪い奴だと思いますよね。しかし、Twitterで、誹謗中傷を書き込む人は、実はどこにでもいる普通の人たちなのです。世間では、人当たりが良くていい人で通っているような人でも、ネットの世界では過激な書き込みを繰り返しているなんて例もあります。

Twitterでの誹謗中傷を行う人たちは、ごく普通の人でそれほど罪の意識のない人すらいます。軽い気持ちで誹謗中傷をする人もいれば、逆恨みも含めて何か恨みがある人、自己承認欲求でたくさんの人にリツイートやいいね!をしてもらいたいという気持ちの人まで、様々なタイプの人間がいるのです。

Twitterで誹謗中傷を書き込まれたら、どうすればいいのか。

Twitterでの誹謗中傷は、気軽な気持ちや逆恨みなど、いろいろなパターンがあるため、誰でも被害にあう可能性があるといえます。

もし、Twitterで誹謗中傷を書き込まれた場合、どう対処すればいいのでしょうか。まずは、無視するというのも手でしょう。ブロックしてしまえば、自分の目に触れることもなくなりますし、そのうちあまり気にならなくなるでしょう。

しかし、個人が特定できるような形で誹謗中傷されていたり、無視することにより、いやがらせがエスカレートしたりすることも考えられます。

あまりにひどく、実害がある場合には、弁護士を雇って法的手続きをとることも可能です。しかし、お金も手間もかかるし、何より誰だっておおごとにしたくない気持ちがあるでしょう。

そんなときは、TwitterにTweetの削除要請をすることができます。これは、弁護士や警察などでなくても、個人レベルで可能です。

Twitterのポリシーで禁止されていること

当然ですが、Tweetの削除要請は、なんでもかんでも好き勝手にできるわけでは有りません。削除してもらうためには、それ相応の理由が必要です。誰かのことを批判しているだけでは、削除対象にはなりません。表現の自由、言論の自由がありますので、Tweetの自由は尊重されるべきものだからです。

Twitterでは、個人情報の勝手な公開誹謗中傷などはポリシーで禁止されています。Twitterのポリシーには、「Twitterはすべてのユーザーに、バリアなくアイデアや情報を瞬時に作成することができ、それを有するための機能を提供したいと考えます。」とあります。

Twitterのポリシーでは、特定の人物に向けた攻撃的な行為や嫌がらせを禁止しますと明確に書かれています。

攻撃的な行為とは、複数のアカウントから1つのアカウントに向け、嫌がらせのメッセージを送信する行為。また、他のアカウントへの嫌がらせをあおっている行為。一方的で脅迫的な行為。嫌がらせの目的でメッセージを送信したり、Tweetする行為とあります。

Twitterのポリシーに違反すると罰則!

Twitterのポリシーに違反している場合は、アカウントを凍結されるなど罰則があります。しかし、この行為に該当しているかどうかは非常にあいまいな判断となります。大部分は気持ちの問題であるため、主観的な部分が多く、どこからがいやがらせでどこまでがユーモアや通常の批判や評価なのかがあいまいだからです。

そのため、Tweetの削除は簡単にすぐ実行されるかはその時々で違います。条件次第で、すぐに削除されるかどうかは分かりませんが、削除申請自体は、だれでも簡単にできます。

また、削除申請にお金はかかりませんし、時間もそれほどかかりません。もしも、Twitterでの誹謗中傷の被害にあった場合は、まずは当該Tweetの削除申請からはじめてみましょう。

Twitterの削除申請はどうすればよいのか?

Twitterで削除申請するにはどうすればいいのでしょうか。Twitterでの削除申請は、インターネット上でできます。Twitterでの削除申請は、当然Twitter社に対して行います。

Twitterの https://help.twitter.com/forms にアクセスをして、右側中ほどにある「嫌がらせ」をクリックしてください。

その後、当該TweetのURLを報告する必要があります。TweetのURLはTweetの右上にあるドロップダウンをクリックして、ツイートへのリンクをコピーを押せば、コピーできます。そのURLをペーストすれば、大丈夫です。

削除申請する場合は、それがどうして嫌がらせだといえるのかを説明する必要があります。できるだけ、客観的に論理的に説明をして特定の誰かの権利を侵害しているということを明記してください。

この説明が、Tweetの削除申請において、一番重要なポイントです。個人情報などが公開されている場合は、比較的簡単に理由も書くことができ、削除申請が通りやすくなります。しかし、誰への悪口かがはっきりとしない表現であるとか、無関係の人から見るとたいしたことではないように見える場合は、丁寧な説明が必要です。

当該Tweetの内容がどういったもので、誰に対してどういう誹謗中傷になり、どんな権利侵害が行われているのかを書いてください。一部で通用するような隠語で書かれている場合は、その隠語などについても詳しい説明が必要です。文章が上手である必要はありません。とにかく一つずつ丁寧に説明をして分かってもらうように努力することが大切です。

削除申請には、運転免許証やパスポートなどのコピーをアップロードする必要があります。これらをそろえた上で、削除申請をすれば、1週間くらいで対応の連絡が来るでしょう。必要な情報がそろっていない場合は、追加で証拠や情報を求められることもあります。これにもしっかりと対応してください。

これで、申請が通ればTweetの削除が完了します。

Twitterの削除は誰にでもできる!

想像より手間がかかる印象があるかもしれませんが、削除申請の作業は個人でも可能な範囲内と考えられます。いわれのない誹謗中傷や、悪い噂を流されてしまった場合は、毅然とした態度で対応することが重要です。削除申請はその第一歩として非常に有効な手段ですので、ぜひご活用ください。

ネット中傷の削除を得意とする弁護士法人アークレスト法律事務所に、記事や書き込みの削除はおまかせください。

お電話でのお問い合わせ

土日祝日・夜間も通話を受け付けています。

03-4405-1041
WEBフォームから無料相談はこちら

1分で簡単入力・24時間受付!

ネット中傷の削除を得意とする弁護士法人アークレスト法律事務所に、記事や書き込みの削除はおまかせください。

WEBフォームから
無料相談はこちら

1分で簡単入力・24時間受付!

フォームから無料で相談する

お電話でのお問い合わせ

土日祝日・夜間も通話を受け付けています。

03-4405-1041

代表弁護士 野口 明男

代表弁護士

  • 代表弁護士 野口 明男
  • 野口 明男

    東京都出身
    京都大学工学部卒

旧司法試験に合格し、平成17年に弁護士登録後、日本最大規模の法律事務所において企業が抱える法律問題全般について総合的な法的アドバイスに携わる。
弁護士と企業とのコミュニケーションに最も重点を置き、中小企業の経営者のニーズ・要望に沿った法的アドバイス及び解決手段の提供を妥協することなく追求することにより、高い評価を得ている。
単に法務的観点だけからではなく、税務的観点、財務的観点も含めた多角的なアドバイスにより、事案に応じた柔軟で実務的な解決方法を提供する。

メディア掲載実績

雑誌掲載

朝日新聞出版
『週刊エコノミスト』
2019年2月19日号

雑誌掲載

ダイヤモンド社出版
『週刊ダイヤモンド』
2019年2月9日号

雑誌掲載

朝日新聞出版
『AERA (アエラ) 』
2019年3月4日号

テレビ出演

フジテレビ系列「めざましテレビ」2018年12月14日放送で、ネット犯罪に詳しい弁護士として野口明男がインタビューに応じました。

弁護士法人アークレスト法律事務所では、代表弁護士の野口明男を含め合計2名の弁護士が所属しております。
記事削除・投稿者特定・訴訟など、それぞれが得意とする分野を活かして、お悩みの解決に取り組ませて頂いております。

弁護士法人アークレスト法律事務所について

OFFICE

〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町3-7-3
NCC人形町ビル3階
GoogleMAPで地図をみる

ABOUT US

事務所名
:弁護士法人アークレスト法律事務所
所長弁護士
:野口明男
所属会
:第二東京弁護士会

CONTACT

TEL
:03-4405-1041
FAX
:03-5651-7912

個人情報保護方針(プライバシーポリシー)

【個人情報保護と取り扱いについて】

当事務所は個人情報の保護に関する法令等を遵守するとともに、本プライバシーポリシーを遵守します。

【個人情報の適切な取得】

当事務所では、次のような場合に必要な範囲で個人情報を収集することがあります。
・無料相談の時
・ご依頼を受けた時

【安全管理の実施】

個人情報は、正確かつ最新の内容に保つよう努めるとともに、漏えい、滅失、き損、 不正利用等の防止のため合理的な安全管理措置を講じます。 個人情報の安全管理が図られるよう、個人情報を取り扱う従業者や委託先に対して、必要かつ適切な監督を行います。

【個人情報の利用目的】

当法律事務所は、個人情報を以下の目的で利用し、その利用目的の達成に必要な範囲でのみ個人情報の取り扱いを致します。
・弁護士業務とその周辺業務
・統計・各種マーケティング調査の実施
・お問い合わせに対する対応
・その他、上記の利用目的に付随する一切の目的

【個人情報の正確性の確保と安全管理】

当法律事務所は、個人情報を扱うに際し、上記の利用の目的を達成する範囲で個人情報を正確・最新の内容に保つように努め、安全管理措 置を講じ、従業者を監督します。

【個人情報の第三者に対する提供】

原則として、ご本人の同意がある場合や法令に基づく場合を除き、個人情報を第三者へ提供いたしません。 ただし、業務上必要な場合で第三者に提供する際は、あらかじめその旨を明示してから行います。

【個人情報の開示、訂正、利用停止】

当事務所が保有する個人情報に関して開示・訂正・追加または、削除・利用停止・利用目的の停止に係るご本人からの請求があった場合には、お申し出頂いた方がご本人であることを確認の上、誠実かつ速やかに対応します。

【継続的改善】

個人情報保護が効果的に実施されるよう、体制や管理について計画的に見直しを行い、継続的改善に努めます。

【個人情報に関するお問い合わせ】

個人情報に関するお申出、ご意見、ご質問、苦情その他のお問い合わせは、下記までご連絡ください。 弁護士法人アークレスト法律事務所 TEL:03-4405-1051