弁護士法人アークレスト法律事務所
通話による無料相談/平日9:00-19:00受付
03-5651-7911
まずはフォームから無料相談|簡単入力・受付後は即対応/スピード解決

フォームから無料相談

お電話で無料相談

5ちゃんねる(5ch)書き込みによる被害事例と削除依頼の方法

最終更新日

2ちゃんねるを引き継いだ5ちゃんねる(5ch)の概要、被害、削除方法

5ちゃんねる(5ch)とは、国内最大級の掲示板サイトである2ちゃんねるを引き継いだサイトです。2ちゃんねるの創設者、西村博之氏達とその他の運営メンバーが分裂して誕生しました。
5ちゃんねる(5ch)でも2ちゃんねる同様、事実無根の投稿による誹謗中傷の被害が後を絶ちません。
当記事では、5ちゃんねる(5ch)が誕生した経緯を紹介し、5ちゃんねる(5ch)への投稿による被害の実態や不適切な投稿を削除する方法を紹介していきます。

5ちゃんねる(5ch)のサイトの概要

2ちゃんねるは西村氏が1999年に開設しました。当初は個人的なサイトでしたが、世の中のあらゆる事象について自由に発言できる便利さが人気となり瞬く間に投稿者数と閲覧者数を増やしました。

西村氏とワトキンス氏が仲たがい

ところが運営方針の対立から2014年に、西村氏たちが運営組織から出ていくことになりました。西村氏は「乗っ取られた」と主張していますが、2ちゃんねるに残った側は正当に権利を譲り受けたと述べています。2ちゃんねるに残った側の責任者はジム・ワトキンス氏という人物とされていますが、詳細については公表されていません。

商標権とサーバーを別々に保有

2014年の分裂で、ワトキンス氏が率いるこれまでの2ちゃんねるが「2ch.net」と呼ばれるようになり、サイトのURLは従来通り「https://www.2ch.net」でした。
西村氏たちは別の2ちゃんねるを立ち上げ、現在は「2ch.sc」と呼ばれています。URLは「https://www.2ch.sc/」となっています。
2ch.netと2ch.scは内容がほとんど同じです。これは2ch.scが2ch.netに投稿された内容をコピーして掲載しているからです。ただ2ch.scに直接投稿することもできます。

そして2ch.scは2017年に「5ちゃんねる(5ch)」という名称に変更し、URLも「https://www.5ch.net/」に変わりました。
つまり現在は、5ちゃんねる(5ch)と2ch.scの2つの「ほぼ同じ掲示板サイト」が存在していることになります。
「2ch」と「2ちゃんねる」の商標権は、西村氏が取得しています。
一方、従来の2ちゃんねるのサーバーはワトキンス氏たちの5ちゃんねる(5ch)が引き継いでいます。

5ちゃんねる(5ch)の運営者

5ちゃんねる(5ch)の運営者に関する公式な情報は、企業名が「Loki Technology, Inc.」であることと、その企業の住所がフィリピン・パシッグ(Pasig)市にあることだけです(*)。
*https://5ch.net/
社長名も電話番号も不明で、ワトキンス氏の名前も5ちゃんねる(5ch)のサイトには記載されていません。

5ちゃんねる(5ch)でも誹謗中傷の被害は続く

5ちゃんねる(5ch)は誰でも自由に匿名で記事を投稿できるため、有益な情報が数多く掲載されています。特定の人間しか知り得ない情報など、重要な情報が綴られている事もあります。5ちゃんねる(5ch)で情報収集しているビジネスパーソンも少なくないはずです。
ただ、5ちゃんねる(5ch)は匿名ゆえに誰かを誹謗中傷したり企業の評判を落とそうと思えば、いくらでもデマ記事を投稿することができてしまいます。
2ちゃんねる時代に起きていた被害は、5ちゃんねる(5ch)でも同様に続いています。

個人が受ける被害

5ちゃんねる(5ch)では個人攻撃の投稿が散見されます。学校での言動を暴露されたり、会社でのミスを書かれたりします。また特殊な趣味や性癖について個人が特定される形で投稿されることもあります。
5ちゃんねる(5ch)のなかには、不倫の密告を呼び掛ける掲示板もありました。一般市民が一般市民の不倫情報を投稿するのです。

企業が受ける被害

会社にうらみを持っている社員が、機密情報やデマ情報を5ちゃんねる(5ch)に投稿すれば、会社にダメージを与えられます。あたかも長時間残業やセクハラ、パワハラ、不正が起きているかのような文章を記載すれば、攻撃された企業は「ブラック」の烙印を押されてしまいます。
また、会社が顧客に対して反感を買うような対応をした場合などに、逆恨みで5ちゃんねる(5ch)に誇張された内容が投稿されることもあります。
自社の社員の投稿の場合は、社員はその企業について熟知しているので、投稿記事の内容は非常にリアルなものとなります。事実を知らない閲覧者は記事を信じてしまう事も多くあるでしょう。

2次被害

5ちゃんねる(5ch)の投稿による被害には、二次被害もありえます。例えば5ちゃんねる(5ch)で特定の企業への攻撃が集中し、インターネット上にデマ情報が拡散したとします。GoogleやYahoo!などの検索エンジンは、流通量が多い情報を「重要である」と認識するため、デマ情報が検索上位に表示されてしまうことがあるのです。
つまりデマ情報を知らなかった人にまで、ネガティブな印象を持たれてしまう可能性があるのです。

まとめサイト被害

さらに5ちゃんねる(5ch)人気にあやかって「まとめサイト」が登場しました。5ちゃんねる(5ch)の投稿には意味不明の文章や内容がない記事が多くあるので、閲覧者が求める情報になかなかたどりつけないことがあります。
そこで5ちゃんねる(5ch)と関係ない第三者が、5ちゃんねる(5ch)の投稿から「有益な情報」だけを抜き取り、自身のサイトに再掲する事があります。 彼らが考える「有益な情報」とは、人々の好奇心を煽ることができる情報です。情報の確度は関係ありません。
まとめサイトは5ちゃんねる(5ch)より情報が凝縮されている分、読みやすいため閲覧者が増えています。まとめサイトの運営者の中には、サイトに広告を貼り付けて収入を得ている者もいます。
5ちゃんねる(5ch)投稿被害は、金儲けに利用されてしまう事すらあるのです。

削除依頼方法

5ちゃんねる(5ch)や2ch.scへの投稿による権利侵害が拡大したことで、掲示板サイトに対する社会の批判が高まりました。そこで5ちゃんねる(5ch)も2ch.scも、被害を受けた人や損害を被った企業が、運営側に投稿の削除を依頼できる仕組みをつくりました。
ここでは5ちゃんねる(5ch)への削除依頼方法を紹介します。

メールで削除依頼する

5ちゃんねる(5ch)への投稿によって権利侵害を受けた人は、メールで削除要請をすることができます。
メールアドレスは以下のURLに公開されていて、「meiyokison@5ch.net」となります。
https://qb5.5ch.net/saku2ch/

メールを送るときは件名欄に「削除申立て」と書き、本文には、対象となる投稿が載っているページのURLと削除要請理由を記します。
その他、削除要請理由の根拠となる資料と、対象となる投稿で被害を受けている人物であることを証明する資料を添付する必要があります。

5ちゃんねる(5ch)のサイトから削除依頼する

もうひとつの削除依頼方法は、5ちゃんねる(5ch)のサイトに設置してある削除依頼フォームを利用する方法です。URLはこちらです。
http://qb5.5ch.net/saku2ch/index2.html
このサイトを開くと、下段に名前や対象となる投稿のURLを記入する欄がありますので、必要事項を記入し、最後に「削除依頼する」と書かれたボタンをクリックします。

削除依頼の記入欄

削除の検討と異議申し立て

削除依頼のメールが届くと、5ちゃんねる(5ch)側は対象となる投稿を削除すべきかどうか審査します。審査の結果、削除しないと決まったら、削除依頼者は5ch.net運営側に異議申し立てをする事ができます。しかし運営側があらためて削除しないと決めたら、対象者が取りうる措置は定められていません。

仮処分や特定の弁護士の要請があれば削除する

ただ5ちゃんねる(5ch)は、裁判所が5ちゃんねる(5ch)に削除を命じる仮処分決定をしたら、それに従うとしています。仮処分とは、被害を受けた人の訴えによって裁判所が決定する暫定的な処置の事です。通常の訴訟(本訴)は判決が出るまでに半年以上かかる事もありますが、仮処分決定であれば一ヶ月以内で出る事もあります。「仮」であり「暫定的」ではありますが仮処分にも大きな効果があります。
また5ちゃんねる(5ch)側は、仮処分がなくても特定の弁護士から削除要請されたら削除する方針です。特定の弁護士とは、5ちゃんねる(5ch)の運営側が「表現の自由に配慮したリーガルマインドを持っている」と認めた弁護士の事で、具体的な弁護士名を挙げているわけではありません。

5ちゃんねる(5ch)の削除作業の体制

5ちゃんねる(5ch)には毎日相当数の削除依頼が届いていると考えられます。5ちゃんねる(5ch)の運営側は削除作業を専門に行うボランティアを募集していて、彼らは「削除人」と呼ばれています。 削除人には誰でもなれるという事ではありません。
5ちゃんねる(5ch)の価値は自由な投稿にあるので、運営側としては判断の難しい内容であってもなるべく削除したくない可能性も考えられます。しかし法律に抵触する場合は、削除しなければなりません。そこで削除人たちは5ちゃんねる(5ch)の削除ガイドラインを厳格に守り、違法な投稿だけ削除して、「ぎりぎりセーフの内容」の投稿は残します。
そのため5ちゃんねる(5ch)の運営側は、削除人に大きな権限を与えています。
削除人は無償で作業をしているとされていましたが、元削除人を名乗る人が「企業から報酬をもらって削除していた」とツイッター上で告白し、話題になった事もあります。

削除されると「あぼーん」と表示される

運営側が投稿を削除すると、削除され位置に「あぼーん」と表示されます。 ひとつの投稿テーマのことをスレッドと呼ぶのですが、ひとつの投稿だけでなくスレッド自体が全て削除された時は、スレッドのタイトルもスレッドの内容も「あぼーん」と表示されます。

削除ガイドラインについて

5ちゃんねる(5ch)は削除ガイドラインを設けています。その全文は公式サイトで確認できますが、当記事では概要を紹介します。

削除する書き込みについて

5ちゃんねる(5ch)は、削除する判断基準を以下のように示しています。

  • 法的保護に値する利益を侵害している
  • 個人や法人の社会的評価を低下させる
  • 人の名前・住所・家族の名前・電話番号が記載され、プライバシー侵害と判断できる
  • 他人に危害を加える予告
  • 悪質な殺害予告
  • 社会に害悪が生じる現実的危険性がある情報
  • 爆弾を製造する方法、違法薬物の売買をうかがわせる情報など

個人に関する投稿の削除指針

個人に関する投稿の削除指針は次のとおりです。
5ちゃんねる(5ch)では個人を3タイプに分類し、それぞれ削除する方針を決めています。

<第1群:政治家、芸能人、プロ活動している人、有罪判決が出た犯罪者>

公開情報、価値のある情報、公益性がある情報は削除せず、削除するかどうかは統括(運営側責任者)が判断する。誹謗中傷する内容であっても統括の裁定が無いと削除しない。

<第2群:投稿の趣旨に関する職業で責任問題が発生する人、販売の対価を得ている人、外部に何らかの被害を与えた事象の当事者>

外部から確認できない情報、責任や事象に関係しない情報は削除する。公開情報は削除しない。

<第3群:第1、2群に該当しないすべての人>

誹謗中傷が目的の投稿、攻撃的な文章は削除する。情報価値がない私事のみの情報、第三者が確認できないプライベート情報は個人が特定されなくても、対象者が不利益を被る可能性がある場合は削除する。

法人、団体、公的機関に関する投稿の削除指針

5ちゃんねる(5ch)の運営側は、法人、団体、公的機関に関する投稿は、原則「放置する」と宣言しています。放置とは削除しないという事を意味します。

まとめ~より確実に削除したい場合は

5ちゃんねる(5ch)の投稿によって権利が著しく侵害されている場合、個人で5ちゃんねる(5ch)側に削除依頼するのではなく、弁護士に相談する事をおすすめします。
削除依頼の手続きは複雑で、削除ガイドラインは5ちゃんねる(5ch)側の都合で作られています。さらに削除の作業をしている人は5ちゃんねる(5ch)の運営ではなくボランティアです。そして5ちゃんねる(5ch)側は、可能ならば削除したくないと考えています。
さらに5ちゃんねる(5ch)の運営側については社名が「Loki Technology, Inc.」で、所在地がフィリピン・パシッグ市にあることしか公開されていません。
つまり、個人が5ちゃんねる(5ch)側に削除依頼をしても、5ちゃんねる(5ch)側がどのように審査しているかわからないのです。5ちゃんねる(5ch)側が削除依頼を放置したら、問題の投稿は掲載されたままになります。

しかし5ちゃんねる(5ch)側は、訴訟を起こされたり裁判所から削除の仮処分命令を受けたりすることを好ましいものとは考えていません。ネット被害の解決を得意とする弁護士から問い合わせがあれば然るべき対応を取るものと考えられます。
より確実に解決したいと考える場合、法律のプロの力を使って進めると有利であると言えます。

また、弁護士に対策を依頼した場合、書き込みをした投稿者の特定を出来る場合もあります。

5ちゃんねるの書き込みをした投稿者を特定する手順」について詳細を解説をした記事もご覧ください。

書き込みの削除や投稿者の特定は弁護士にご相談ください。

ネット中傷の削除を得意とする弁護士法人アークレスト法律事務所に、記事や書き込みの削除はおまかせください。

お電話でのお問い合わせ

平日9:00~19:00は
下記の番号にお電話ください。

03-5651-7911

土日祝日・夜間は
下記の緊急ダイヤルにお電話ください。

03-4586-2252
WEBフォームから無料相談はこちら

1分で簡単入力・24時間受付!

ネット中傷の削除を得意とする弁護士法人アークレスト法律事務所に、記事や書き込みの削除はおまかせください。

WEBフォームから
無料相談はこちら

1分で簡単入力・24時間受付!

フォームから無料で相談する

お電話でのお問い合わせ

平日9:00~19:00は
下記の番号にお電話ください。

03-5651-7911

土日祝日・夜間は
下記の緊急ダイヤルにお電話ください。

03-4586-2252

代表弁護士 野口 明男

代表弁護士

  • 代表弁護士 野口 明男
  • 野口 明男

    東京都出身
    京都大学工学部卒

旧司法試験に合格し、平成17年に弁護士登録後、日本最大規模の法律事務所において企業が抱える法律問題全般について総合的な法的アドバイスに携わる。
弁護士と企業とのコミュニケーションに最も重点を置き、中小企業の経営者のニーズ・要望に沿った法的アドバイス及び解決手段の提供を妥協することなく追求することにより、高い評価を得ている。
単に法務的観点だけからではなく、税務的観点、財務的観点も含めた多角的なアドバイスにより、事案に応じた柔軟で実務的な解決方法を提供する。

メディア掲載実績

雑誌掲載

朝日新聞出版
『週刊エコノミスト』
2019年2月19日号

雑誌掲載

ダイヤモンド社出版
『週刊ダイヤモンド』
2019年2月9日号

雑誌掲載

朝日新聞出版
『AERA (アエラ) 』
2019年3月4日号

テレビ出演

フジテレビ系列「めざましテレビ」2018年12月14日放送で、ネット犯罪に詳しい弁護士として野口明男がインタビューに応じました。

弁護士法人アークレスト法律事務所では、代表弁護士の野口明男を含め合計2名の弁護士が所属しております。
記事削除・投稿者特定・訴訟など、それぞれが得意とする分野を活かして、お悩みの解決に取り組ませて頂いております。

弁護士法人アークレスト法律事務所について

OFFICE

〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町3-7-3
NCC人形町ビル3階
GoogleMAPで地図をみる

ABOUT US

事務所名
:弁護士法人アークレスト法律事務所
所長弁護士
:野口明男
所属会
:第二東京弁護士会

CONTACT

TEL
:03-5651-7911
FAX
:03-5651-7912

個人情報保護方針(プライバシーポリシー)

【個人情報保護と取り扱いについて】

当事務所は個人情報の保護に関する法令等を遵守するとともに、本プライバシーポリシーを遵守します。

【個人情報の適切な取得】

当事務所では、次のような場合に必要な範囲で個人情報を収集することがあります。
・無料相談の時
・ご依頼を受けた時

【安全管理の実施】

個人情報は、正確かつ最新の内容に保つよう努めるとともに、漏えい、滅失、き損、 不正利用等の防止のため合理的な安全管理措置を講じます。 個人情報の安全管理が図られるよう、個人情報を取り扱う従業者や委託先に対して、必要かつ適切な監督を行います。

【個人情報の利用目的】

当法律事務所は、個人情報を以下の目的で利用し、その利用目的の達成に必要な範囲でのみ個人情報の取り扱いを致します。
・弁護士業務とその周辺業務
・統計・各種マーケティング調査の実施
・お問い合わせに対する対応
・その他、上記の利用目的に付随する一切の目的

【個人情報の正確性の確保と安全管理】

当法律事務所は、個人情報を扱うに際し、上記の利用の目的を達成する範囲で個人情報を正確・最新の内容に保つように努め、安全管理措 置を講じ、従業者を監督します。

【個人情報の第三者に対する提供】

原則として、ご本人の同意がある場合や法令に基づく場合を除き、個人情報を第三者へ提供いたしません。 ただし、業務上必要な場合で第三者に提供する際は、あらかじめその旨を明示してから行います。

【個人情報の開示、訂正、利用停止】

当事務所が保有する個人情報に関して開示・訂正・追加または、削除・利用停止・利用目的の停止に係るご本人からの請求があった場合には、お申し出頂いた方がご本人であることを確認の上、誠実かつ速やかに対応します。

【継続的改善】

個人情報保護が効果的に実施されるよう、体制や管理について計画的に見直しを行い、継続的改善に努めます。

【個人情報に関するお問い合わせ】

個人情報に関するお申出、ご意見、ご質問、苦情その他のお問い合わせは、下記までご連絡ください。 弁護士法人アークレスト法律事務所 TEL:03-5651-7911