弁護士法人アークレスト法律事務所
通話による無料相談/平日9:00-19:00受付
03-5651-7911
まずはフォームから無料相談|簡単入力・受付後は即対応/スピード解決

フォームから無料相談

お電話で無料相談

「なりすまし」とは何か?被害の現状と通報方法~Facebook編

最終更新日

Facebookでなりすましの被害

なりすましは有名人だけがターゲットではなりません。善良な一般人になりすます人間がFacebook上でも数多く目撃されています。こういった迷惑な「なりすまし」とはどのような行為なのか、またなりすましを運営に通報する方法も合わせてご紹介していきたいと思います。

Facebookなりすましとは・被害の例について

今や「なりすまし」は有名人をターゲットとしているわけではありません。善良な一般ユーザーならだれでもなりすましのターゲットになりかねない状況です。

① Facebookなりすましとは

なりすましとはFacebook上であたかも本人であるかのようにふるまう行為のことです。具体的にはAという人がFacebookに存在しているとします。AではないBという人物があたかもAであるようにFacebook上でふるまう行為のことです。

② Facebookなりすましの被害の例

他人になりすまし友達申請をしてくる

なりすましは他人になりすまし友達申請をしてきます。友達のみ公開の情報を仕入れることができるからです。友達申請を許可してしまった場合、自分の個人情報をなりすましに調べられてしまう恐れがあります。

プロフィール画像やプロフィールをまるまるコピーされる

悪質ななりすましの場合、プロフィールを画像ごと全てコピーしてなりすます場合もあります。こうしたなりすましがトラブルなどを引き起こしたり、なにか有害なことを書きこみすることで、社会的信用に傷がつく恐れがあります。

個人情報を盗まれる

友達のみ公開にしている安心感から、自分の写真はおろか家族の写真まで投稿している方もいるでしょう。また住所や電話番号と言った個人情報を掲載されている方もいます。こういった個人情報が全部盗まれる恐れがあります。

有害なサイトに勧誘される

出会い系などの有害なサイトに誘導したり、架空請求をされたりする恐れがあります。

アカウントを乗っ取られる

Facebookでは友達の力を借りてアカウントを再開するというシステムがあります。簡単に説明すると、自分の友達3人があなた本人だと承認した場合、アカウントを再開することができるというシステムです。本来なら登録情報を忘れてしまったときのアカウントを復活させるための措置なのですが、これを悪用すれば簡単になりすましがアカウントを乗っ取ることも可能になります。 このように安易に友達申請をOKしてしまうと、なりすましにアカウントを乗っ取りされてしまう危険性もあります。

なりすましアカウントの見分け方・特徴

なりすましのアカウントにはいくつかの共通点があります。

① プロフィールが白紙に近いうえに投稿がほぼない

なりすましアカウントの例

業者が多数のなりすましアカウントを作っていると想定した場合、いちいちプロフィールを作りこんだりすることはありません。ですから、上の画像のようにプロフィールが白紙だったり適当になっているケースが多くみられます。

② アカウント作成日が最近

なりすましは昔からのアカウントを当然持ってません。最近登録したてのアカウントには気をつけましょう。

③ 友達の数が極端

友達の数が極端に多いか少ない場合が多いです。

④ アイコンの画像が適当

最初から捨てアカウントですから、アイコンの画像は適当なものになっています。

⑤ 地元の美人アイコン

地元に住む美人な写真付きの女性が友達申請をしてきたら、ハニートラップを疑いましょう。

上記のようなアカウントが突然友達申請をしてきた場合はなりすましを疑うようにしましょう。

なりすましの目的は

この厄介な「なりすまし」。なにの目的でなりすましをしているのでしょうか?下記のようなことが考えられます。

① 有料サイトに誘導し、お金をだまし取ること

出会い系などのサイトに誘導したり、架空請求をすることが目的でなりすましをしている業者もあります。

② 個人情報を盗む

個人情報を盗んで名簿業者に売ったりしている恐れもあります。

③ 嫌がらせ

単純に個人に対する嫌がらせが目的のケースもあります。

なりすましの報告の方法

① Facebookにアカウントがある場合

  1. なりすましのプロフィールに移動
  2. カバー写真上のメッセージの隣にある「…」をクリックすると出てくる「報告」をクリック
  3. 「問題の内容についてお聞かせください」というページが出てくるので、「このプロフィールを報告」を選択し「次へ」をクリックする。
  4. 再度別内容で「問題の内容についてお聞かせください」というページが出てくるので、「偽アカウントである」を選択し「次へ」をクリックする。
  5. 審査対象としてFacebookに送信をクリックする

② Facebookにアカウントがない場合

Facebook上でなりすましを発見した場合、下記のページから報告することができます。 参考:Facebook公式HP https://ja-jp.facebook.com/help/contact/169486816475808

なりすましアカウントを報告
  1. 上記のように「誰かが私または友達になりすましたアカウントを作成した」→「いいえ」→「はい、私になりすましています」と選択していく。
  2. 送信画面
  3. 必要事項を記入して「送信」をクリック

氏名の自分の名前を入力→連絡先メールアドレスを記入→なりすましプロフィールに登録されているメールアドレスまたは携帯電話番号(ある場合)を記入→なりすましプロフィールのURLを記入→身分証を提出(通報ページからアップロードできます)→送信をクリック

なりすましは迷惑ですが、Facebookのシステム上完全に取り締まるのは難しいといえるでしょう。もしなりすましによって被害にあってしまった場合は専門家に相談するのが一番の解決方法といえます。

ネット中傷の削除を得意とする弁護士法人アークレスト法律事務所に、記事や書き込みの削除はおまかせください。

お電話でのお問い合わせ

平日9:00~19:00は
下記の番号にお電話ください。

03-5651-7911

土日祝日・夜間は
下記の緊急ダイヤルにお電話ください。

03-4586-2252
WEBフォームから無料相談はこちら

1分で簡単入力・24時間受付!

ネット中傷の削除を得意とする弁護士法人アークレスト法律事務所に、記事や書き込みの削除はおまかせください。

WEBフォームから
無料相談はこちら

1分で簡単入力・24時間受付!

フォームから無料で相談する

お電話でのお問い合わせ

平日9:00~19:00は
下記の番号にお電話ください。

03-5651-7911

土日祝日・夜間は
下記の緊急ダイヤルにお電話ください。

03-4586-2252

代表弁護士 野口 明男

代表弁護士

  • 代表弁護士 野口 明男
  • 野口 明男

    東京都出身
    京都大学工学部卒

旧司法試験に合格し、平成17年に弁護士登録後、日本最大規模の法律事務所において企業が抱える法律問題全般について総合的な法的アドバイスに携わる。
弁護士と企業とのコミュニケーションに最も重点を置き、中小企業の経営者のニーズ・要望に沿った法的アドバイス及び解決手段の提供を妥協することなく追求することにより、高い評価を得ている。
単に法務的観点だけからではなく、税務的観点、財務的観点も含めた多角的なアドバイスにより、事案に応じた柔軟で実務的な解決方法を提供する。

メディア掲載実績

雑誌掲載

朝日新聞出版
『週刊エコノミスト』
2019年2月19日号

雑誌掲載

ダイヤモンド社出版
『週刊ダイヤモンド』
2019年2月9日号

雑誌掲載

朝日新聞出版
『AERA (アエラ) 』
2019年3月4日号

テレビ出演

フジテレビ系列「めざましテレビ」2018年12月14日放送で、ネット犯罪に詳しい弁護士として野口明男がインタビューに応じました。

弁護士法人アークレスト法律事務所では、代表弁護士の野口明男を含め合計2名の弁護士が所属しております。
記事削除・投稿者特定・訴訟など、それぞれが得意とする分野を活かして、お悩みの解決に取り組ませて頂いております。

弁護士法人アークレスト法律事務所について

OFFICE

〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町3-7-3
NCC人形町ビル3階
GoogleMAPで地図をみる

ABOUT US

事務所名
:弁護士法人アークレスト法律事務所
所長弁護士
:野口明男
所属会
:第二東京弁護士会

CONTACT

TEL
:03-5651-7911
FAX
:03-5651-7912

個人情報保護方針(プライバシーポリシー)

【個人情報保護と取り扱いについて】

当事務所は個人情報の保護に関する法令等を遵守するとともに、本プライバシーポリシーを遵守します。

【個人情報の適切な取得】

当事務所では、次のような場合に必要な範囲で個人情報を収集することがあります。
・無料相談の時
・ご依頼を受けた時

【安全管理の実施】

個人情報は、正確かつ最新の内容に保つよう努めるとともに、漏えい、滅失、き損、 不正利用等の防止のため合理的な安全管理措置を講じます。 個人情報の安全管理が図られるよう、個人情報を取り扱う従業者や委託先に対して、必要かつ適切な監督を行います。

【個人情報の利用目的】

当法律事務所は、個人情報を以下の目的で利用し、その利用目的の達成に必要な範囲でのみ個人情報の取り扱いを致します。
・弁護士業務とその周辺業務
・統計・各種マーケティング調査の実施
・お問い合わせに対する対応
・その他、上記の利用目的に付随する一切の目的

【個人情報の正確性の確保と安全管理】

当法律事務所は、個人情報を扱うに際し、上記の利用の目的を達成する範囲で個人情報を正確・最新の内容に保つように努め、安全管理措 置を講じ、従業者を監督します。

【個人情報の第三者に対する提供】

原則として、ご本人の同意がある場合や法令に基づく場合を除き、個人情報を第三者へ提供いたしません。 ただし、業務上必要な場合で第三者に提供する際は、あらかじめその旨を明示してから行います。

【個人情報の開示、訂正、利用停止】

当事務所が保有する個人情報に関して開示・訂正・追加または、削除・利用停止・利用目的の停止に係るご本人からの請求があった場合には、お申し出頂いた方がご本人であることを確認の上、誠実かつ速やかに対応します。

【継続的改善】

個人情報保護が効果的に実施されるよう、体制や管理について計画的に見直しを行い、継続的改善に努めます。

【個人情報に関するお問い合わせ】

個人情報に関するお申出、ご意見、ご質問、苦情その他のお問い合わせは、下記までご連絡ください。 弁護士法人アークレスト法律事務所 TEL:03-5651-7911