弁護士法人アークレスト法律事務所
通話による無料相談/平日9:00-19:00受付
03-4405-1041
まずはフォームから無料相談|簡単入力・受付後は即対応/スピード解決

ディープフェイクとは?ディープフェイクの定義と被害に遭った場合の対処法

最終更新日

ディープフェイクとは?ディープフェイクの定義と被害に遭った場合の対処法

人工知能の進化により、ディープフェイクと呼ばれる動画が多数作成されるようになり、有名人のみならず一般の方もその脅威にさらされる事態となっています。

今回は、ディープフェイクの定義や、ディープフェイクが問題となった事例、ディープフェイクによる被害、そしてディープフェイクの被害に遭った場合の対処法を解説します。

1.ディープフェイクとは?ディープフェイクの定義と作成方法

ディープフェイクとは?ディープフェイクの定義と作成方法

まずはディープフェイクの定義、ディープフェイクを作成する方法を確認しておきましょう。

1-1.ディープフェイクの定義

ディープフェイクとは、人工知能(AI)によって、作成された精巧な偽物の動画のことを指します。ディープフェイクという言葉は、「ディープラーニング」と、「フェイク」を組み合わせた造語です。

インターネットでは、昔から「アイコラ(アイドルコラージュ)」と呼ばれる画像が多く見られていました。アイコラは、画像加工ソフトやペイントソフトを使って、静止画を加工したものです。代表的なアイコラが、有名人や知人の顔に他の女性の裸体を合成したものです。まれに動画もありましたが、非常にクオリティが低く、本物と見間違える可能性は低いものばかりでした。

一方でディープフェイクは、AIの顔認証システムを利用しているため、本物と見分けることが難しいほどに精巧です。

  • 有名女優の顔に、第三者の裸体を付けた動画
  • 政治家が不適切発言をしている動画

などがディープフェイクの代表例です。高いスキルを持っているエンジニアであれば、本人にそっくりの声を合成してフェイク動画を作成することができます。

1-2.誰でもディープフェイクは作成できる

ディープフェイクは、「AIの顔認証システムを利用」というように先進のテクノロジーを用いているため、一般の方の作成は難しいように思えます。ところが、簡単に顔を取り替えられるアプリや、ソフト、サービスの登場により、誰でもディープフェイクを作成できるようになりました。

必要な素材をアップロードするだけで、ディープフェイク動画を作成できるサービスも存在します。

2.ディープフェイクによる被害と、報道された事例

2.ディープフェイクによる被害と、報道された事例

次に、ディープフェイクによってもたらされる被害と、報道された事例を確認しておきましょう。

2-1.ディープフェイクによってもたらされる被害

ディープフェイクは、個人的に楽しむために作成し第三者に披露することがなければ大きな問題とはなりません。しかしながら、動画に登場する人物の許可を得ずに公開されたディープフェイクは、さまざまな被害をもたらします。

想定されるディープフェイクによる被害は以下の通りです。

  • アダルトビデオに合成される
  • いじめやバイトテロなどの不適切な行為をしている動画に合成される
  • 自分の主義主張とは異なる発言をしているように見える動画を作成される
  • 違法行為をしている動画に合成される

このような不適切な動画が拡散されてしまうと、社会的信用が低下したり、風評被害が広がって就職や結婚に支障をきたすなどのおそれがあります。

このような、ディープフェイクの被害を受けるのは、有名人だけではありません。無名の一般の方であっても、嫌がらせ、報復、いたずらなどの目的でディープフェイクが作成されて拡散されるリスクがあるのです。

2-2.リベンジポルノよりも怖いディープフェイク

リベンジポルノは、交際相手や元交際相手、結婚相手等が、別れた腹いせ等に裸の画像等をインターネットにアップロードするなどのものでした。リベンジポルノはあくまでも、元々撮影した性的な画像、動画があって成立するものです。

ところが、ディープフェイクは本人の顔写真さえあれば様々な不適切な動画を作成できてしまいます。もちろん、動画から写真を切り出すこともできますので、フェイクのリベンジポルノが可能となるのです。リベンジポルノは性的な画像や動画を撮影させないことである程度予防できますが、ディープフェイクを用いたリベンジポルノを防ぐことは、非常に困難であるといえます。

2-3.ディープフェイクのニュース、逮捕事例

2020年11月末現在、国内にはディープフェイクの作成自体を取り締まる法律は存在しません。しかしながら、ディープフェイクを公開したことによって他人の名誉を毀損したり、著作権を侵害したりした場合には、罪に問える可能性はあります。

国内ではすでに3人の男性が、ディープフェイクを公開したことによる「名誉毀損」「著作権侵害」の疑いがあるとして逮捕されました。

彼らが公開した動画は、アダルト動画の出演者の顔を芸能人にすり替えたものでした。これらの動画をサイトにアップロードして広告収入を得ていたとのことです。

この事件では、「公開した人物」が名誉毀損や著作権侵害に問われており、「作成した人物」が罪に問われているという報道はまだなされていません。

3.ディープフェイクを公開された場合の対処法

ディープフェイクを公開された場合の対処法

次にディープフェイクを公開された場合の対処法を解説します。ディープフェイクを公開された場合は罪に問える可能性があります。また、罪に問うことが難しい場合でも、動画の削除を求めることは可能です。

3-1.証拠を保存する

あなたが登場しているディープフェイクを発見したら、投稿されているサイトのURLを保存しておきましょう。スクリーンショットも撮影しておくとよいでしょう。

3-2.弁護士に相談をする

ディープフェイクが公開されている証拠を確保した上でやるべきことは、「サイト管理人に削除を依頼すること」と、「裁判上の手続で公開した人物を特定すること」です。

いずれも、あなたの権利を侵害していることを立証した上で、削除や情報の開示を求めることになります。これらの手続きは、スピーディーに着手することが重要です。インターネット上に掲載されている時間が長ければ長いほど、被害は拡大してしまいます。

しかしながら、法律事務に携わる仕事をしていない方にとっては、インターネット上の情報の削除依頼や公開した人物を特定する作業は非常に煩雑で時間かかるものです。

あなたが登場するディープフェイクを発見した場合は、速やかに弁護士に依頼をすることをお勧めします。インターネット上の情報の削除実績が豊富な弁護士であれば、すぐに削除手続を行えますので、被害の拡大を最小限に抑えられる可能性が高まります。

4.ディープフェイクでお困りの方は弁護士法人アークレスト法律事務所へご相談を

ディープフェイクでお困りの方は弁護士法人アークレスト法律事務所へご相談を

ディープフェイクを公開されてお困りの方は、弁護士法人アークレスト法律事務所にご相談ください。弁護士法人アークレスト法律事務所は、多くの削除実績を有しておりますので、ディープフェイクの削除についても速やかに着手可能です。状況によっては、削除だけでなくアップロードした人物の特定も可能となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

ネット中傷の削除を得意とする弁護士法人アークレスト法律事務所に、記事や書き込みの削除はおまかせください。

お電話でのお問い合わせ

土日祝日・夜間も通話を受け付けています。

03-4405-1041
WEBフォームから無料相談はこちら

1分で簡単入力・24時間受付!

ネット中傷の削除を得意とする弁護士法人アークレスト法律事務所に、記事や書き込みの削除はおまかせください。

WEBフォームから
無料相談はこちら

1分で簡単入力・24時間受付!

フォームから無料で相談する

お電話でのお問い合わせ

土日祝日・夜間も通話を受け付けています。

03-4405-1041

代表弁護士 野口 明男

代表弁護士

  • 代表弁護士 野口 明男
  • 野口 明男

    東京都出身
    京都大学工学部卒

旧司法試験に合格し、平成17年に弁護士登録後、日本最大規模の法律事務所において企業が抱える法律問題全般について総合的な法的アドバイスに携わる。
弁護士と企業とのコミュニケーションに最も重点を置き、中小企業の経営者のニーズ・要望に沿った法的アドバイス及び解決手段の提供を妥協することなく追求することにより、高い評価を得ている。
単に法務的観点だけからではなく、税務的観点、財務的観点も含めた多角的なアドバイスにより、事案に応じた柔軟で実務的な解決方法を提供する。

メディア掲載実績

雑誌掲載

朝日新聞出版
『週刊エコノミスト』
2019年2月19日号

雑誌掲載

ダイヤモンド社出版
『週刊ダイヤモンド』
2019年2月9日号

雑誌掲載

朝日新聞出版
『AERA (アエラ) 』
2019年3月4日号

テレビ出演

フジテレビ系列「めざましテレビ」2018年12月14日放送で、ネット犯罪に詳しい弁護士として野口明男がインタビューに応じました。

弁護士法人アークレスト法律事務所では、代表弁護士の野口明男を含め合計6名の弁護士が所属しております。
記事削除・投稿者特定・訴訟など、それぞれが得意とする分野を活かして、お悩みの解決に取り組ませて頂いております。

弁護士法人アークレスト法律事務所について

OFFICE

〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町3-4-6
宮井江戸ビル2階
GoogleMAPで地図をみる

ABOUT US

事務所名
:弁護士法人アークレスト法律事務所
代表弁護士
:野口明男
所属会
:第二東京弁護士会

CONTACT

TEL
:03-4405-1041
FAX
:03-5651-7912

個人情報保護方針(プライバシーポリシー)

【個人情報保護と取り扱いについて】

当事務所は個人情報の保護に関する法令等を遵守するとともに、本プライバシーポリシーを遵守します。

【個人情報の適切な取得】

当事務所では、次のような場合に必要な範囲で個人情報を収集することがあります。
・無料相談の時
・ご依頼を受けた時

【安全管理の実施】

個人情報は、正確かつ最新の内容に保つよう努めるとともに、漏えい、滅失、き損、 不正利用等の防止のため合理的な安全管理措置を講じます。 個人情報の安全管理が図られるよう、個人情報を取り扱う従業者や委託先に対して、必要かつ適切な監督を行います。

【個人情報の利用目的】

当法律事務所は、個人情報を以下の目的で利用し、その利用目的の達成に必要な範囲でのみ個人情報の取り扱いを致します。
・弁護士業務とその周辺業務
・統計・各種マーケティング調査の実施
・お問い合わせに対する対応
・その他、上記の利用目的に付随する一切の目的

【個人情報の正確性の確保と安全管理】

当法律事務所は、個人情報を扱うに際し、上記の利用の目的を達成する範囲で個人情報を正確・最新の内容に保つように努め、安全管理措 置を講じ、従業者を監督します。

【個人情報の第三者に対する提供】

原則として、ご本人の同意がある場合や法令に基づく場合を除き、個人情報を第三者へ提供いたしません。 ただし、業務上必要な場合で第三者に提供する際は、あらかじめその旨を明示してから行います。

【個人情報の開示、訂正、利用停止】

当事務所が保有する個人情報に関して開示・訂正・追加または、削除・利用停止・利用目的の停止に係るご本人からの請求があった場合には、お申し出頂いた方がご本人であることを確認の上、誠実かつ速やかに対応します。

【継続的改善】

個人情報保護が効果的に実施されるよう、体制や管理について計画的に見直しを行い、継続的改善に努めます。

【個人情報に関するお問い合わせ】

個人情報に関するお申出、ご意見、ご質問、苦情その他のお問い合わせは、下記までご連絡ください。 弁護士法人アークレスト法律事務所 TEL:03-4405-1051