弁護士法人アークレスト法律事務所
通話による無料相談/平日9:00-19:00受付
03-5651-7911
まずはフォームから無料相談|簡単入力・受付後は即対応/スピード解決

フォームから無料相談

お電話で無料相談

2ちゃんねる(2ch)で書き込みをした投稿者を特定する流れと用語解説

最終更新日

2ちゃんねる(2ch)で書き込みをした投稿者を特定する流れと用語解説

国内最大級のインターネット掲示板2ちゃんねる(2ch)や2ちゃんねる(2ch)から派生した5ちゃんねるでは、日々多くの書き込みが投稿されており、中には個人名を挙げて誹謗中傷するものも少なくありません。
2ちゃんねる(2ch)の誹謗中傷の書き込みは、速やかに削除しなければまとめサイトへの転載やSNSでの拡散により、多くの人の目に触れてしまいます。しかし、それだけでは、根本的な解決とはいえません。誹謗中傷を書き込んだ投稿者に慰謝料を請求したい、刑事罰を受けてもらいたいと考えるのは当然のことです。また、二度と他人を誹謗中傷しないようにと、反省を促したいと考える方も多いと思います。
そのために必要なのは、「投稿者の特定」です。2ちゃんねる(2ch)は匿名掲示板で、書き込みだけでは個人を特定することはできません。
そこで今回は、2ちゃんねる(2ch)で誹謗中傷を行った投稿者を特定する方法を解説します。

投稿者を特定したいケース

2ちゃんねる(2ch)の完全匿名という特徴を逆手にとって、悪質な誹謗中傷の書き込みを投稿する投稿者が非常に多い傾向があります。一度の投稿で満足する人もいますが、多くが「荒し」といって同じスレッドに何度も同じ投稿をしたり、複数のスレッドに投稿する「マルチポスト」を行うなど、執拗に誹謗中傷を繰り返します。放置しておくと問題が沈静化するどころか、より深刻になるケースも少なくありません。問題の書き込みを慎むようにと進言した第三者に対して、「本人降臨」などといって、怒りを煽るような発言をするなどモラルに欠けている投稿者も存在します。

このような問題行動が著しい場合は、書き込みを削除するだけでなく投稿者を特定して法的措置を辞さない強硬な姿勢で問題に対峙する必要があります。
では、具体的に投稿者を特定した方がよいケースを確認してみましょう。

  • 長期間にわたって、誹謗中傷の投稿が繰り返されている
  • 2ちゃんねる(2ch)以外の掲示板やSNSなどにも、同様の書き込みが行われている
  • まとめサイトやSNSなどで、拡散されつつある
  • 誹謗中傷の投稿によって、精神疾患を発症して仕事に行けなくなった
  • 誹謗中傷の投稿によって、店舗や企業の売上が減少した
  • 個人情報を書き込まれているため、投稿者を特定したい
  • 「秘密の暴露」が行われているため、情報入手ルートを確認したい
  • 自社の従業員が機密情報や業務上知り得た情報を書き込んでいるため、懲戒処分を検討したい
  • 名誉毀損や侮辱罪などでの告訴を検討している
  • プライバシー権を侵害されているので、慰謝料を請求したい
  • 自身の著作権が侵害されている

以上のようなケースでは、刑事告訴や慰謝料請求などの検討の余地があります。どちらの場合も、投稿者の氏名や住所、連絡先が必要ですので投稿の削除を求めるととともに、投稿者を特定する手続きを進めなければなりません。

2ちゃんねる(2ch)の投稿者特定の手順

それでは、2ちゃんねる(2ch)の投稿者を特定する手順を解説します。

サイト管理者にIPアドレスの開示請求

まずは、サイト管理者にIPアドレスを開示するように求めます。この手続は任意で行われますので、サイト管理者が応じない可能性も大いにあります。

発信者情報開示請求仮処分手続を行う

サイト管理者への任意の情報開示請求が認められなかった場合は、被害者が裁判所に対して「発信者情報開示の仮処分命令」を申し立てます。発信者情報開示の仮処分とは、簡単にいうと投稿者の情報を開示するように裁判所からプロバイダに命じてもらうための手続です。

この手続は、「プロバイダ責任制限法」によって認められた「発信者情報開示請求権」に基づいて行われます。インターネットの書き込み等によって権利を侵害された人が発信者情報の開示を求めることができるとしているのが、発信者情報開示請求権です。裁判所の仮処分手続によって仮処分が認められるためには、書き込みが以下の条件を満たしている必要があります。

発信者によって、被害者の権利が侵害されていることが明らかなとき

具体的には、「●●は大学を裏口入学している」、「××会社に勤務する●●は××会社の金を横領している」、「△△高校の●●は△△高校の生徒に手を出した」など、名誉毀損などが疑われる書き込みです。

発信者情報の開示を受けるべき正当な理由があるとき

発信者情報の開示を受けるべき正当な理由とは、損賠償請求や刑事告訴を検討していることなどです。ほかにも、名誉回復措置を求めるために投稿者の情報が必要ですので、正当な理由といえます。

IPアドレスが開示されたらプロバイダを特定する

裁判所がIPアドレスを開示することを命じる処分を言い渡したら、2ちゃんねる(2ch)の運営者に対して投稿者のIPアドレスと日時等を開示するように求めます。2ちゃんねる(2ch)からIPアドレスが開示されたら、プロバイダを特定します。
IPアドレスからのプロバイダの特定は、個人でも可能です。無料のインターネットサイトからも特定することもできます。

プロバイダに発信者開示請求を行う

プロバイダを特定したら、プロバイダに対して発信者開示請求を行います。プロバイダは発信者開示請求を受けたら、投稿者に「発信者情報開示に係る意見照会書」という書面を送ります。発信者情報開示請求に係る意見照会書に記載されている事項はこちらです。

  • 発信者情報開示を請求した人物の名前、企業名、団体名
  • 掲載された情報
  • 請求者の侵害された権利と侵害された理由

これらの情報を基に、「この人物にあなたの情報を知らせてもよいですか?」と情報開示の意思を確認するのが、発信者情報開示請求に係る意見照会書の目的です。投稿者が「イエス」と回答すれば、請求者に投稿者の情報が開示されます。投稿を拒む場合は、プロバイダ経由で請求者に発信者情報開示請求に応じない旨が通知されます。投稿者が回答しなかった場合は、プロバイダが発信者情報を開示するかどうかを判断します。

投稿者が、「自分に落ち度がある」と把握している場合は、この時点で投稿者サイドが被害者サイドに連絡をして、慰謝料等を支払うことで和解が成立することもあります。

プロバイダに対して発信者情報開示請求訴訟を提起する

投稿者やプロバイダに情報開示を拒否された場合は、プロバイダに対して発信者情報開示請求訴訟を提起します。該当する投稿が、名誉毀損や著作権侵害、侮辱罪などにあたる可能性が高いと判断されると、裁判所が発信者の情報開示を命じる判決を言い渡します。
プロバイダは、裁判所の命令に従って投稿者の住所や氏名を請求者に開示しますので、ようやく被害者は投稿者の氏名や連絡先を知ることができるのです。

自分で投稿者を特定する場合の注意点

ご自身で投稿者を特定する際は以下の点に注意しましょう。

IPアドレスだけでは個人が特定ができない

発信者情報開示請求では、投稿者のIPアドレスの入手が必須です。サイト管理者が任意での情報開示請求に応じなければ裁判所に仮処分を申し立てなければなりません。慣れない方にとっては非常に難しい手続を経て、ようやくIPアドレスが開示されても、それだけでは投稿者を特定することはできません。IPアドレスからわかることは「プロバイダ」だけです。

IPアドレスは短期間で削除されることもある

IPアドレスは、プロバイダに保存されていますが、早ければ1か月、遅くとも6か月ほどでログが削除されてしまいます。ログが削除されてしまうとIPアドレスの開示を受けることができなくなり、損害賠償も不可能になってしまいます。問題となる書き込みが投稿されてから2か月以上経過している場合は、IPアドレスが削除される危険性があるため、早めにIPアドレス特定手続に着手しましょう。

1人で投稿者を特定するのは非常に困難

ここまでお話ししたように、発信者情報開示請求の手続はフローが複雑です。また場合によって、2回は裁判所での手続が必要となります。1度目はサイト管理者に投稿者のIPアドレスを開示するように求める場合です。IPアドレスが開示されたら、プロバイダに投稿者の氏名や住所などの情報を開示するように求めます。つまりこれだけの手続を行うために、2度も裁判所で手続を行わなければならないのです。

裁判所での手続は法的な専門知識が求められます。特に発信者情報開示請求においては、被害者の権利が侵害されていることを論理的に説明する必要があるため、弁護士に委任するのが最適です。

投稿者の特定を弁護士に依頼するメリットと弁護士の選び方

2ちゃんねる(2ch)の投稿者の特定を弁護士に依頼する場合のメリットと、特定を成功に導くことができる弁護士の選び方を解説します。

特定を弁護士に依頼するメリット

2ちゃんねる(2ch)の投稿者の特定を弁護士に依頼するメリットがこちらです。

  • 手間をかけずに、投稿者を特定可能
  • 投稿者特定に慣れている弁護士であれば、迅速に特定することができる
  • 投稿者の特定から損害賠償請求までもワンストップで依頼できる

投稿者の特定作業は非常に手間がかかり複雑です。何度も手紙を往復させたり裁判所に書類を提出したりと、日頃法律に関わっていない方にとっては、ハードルが高いものばかりです。しかし投稿者特定はIPアドレスの保存期間の関係で、スピード勝負という側面もあります。個人で行うと、手続をしている間にIPアドレスが削除されてしまい、投稿者の特定が不可能になってしまいます。
また投稿者を自分で特定できたとしても、その先の損害賠償請求については弁護士に依頼しなければならないので二度手間です。
ところが、投稿者特定の時点で弁護士に依頼すれば、弁護士が迅速に投稿者特定の手続を行います。投稿者が特定できれば、慰謝料請求等の手続もそのまま依頼できますので、ほとんど手間がかかりません。

迅速かつ確実に投稿者の特定を行いたい場合は、弁護士に依頼するのが得策です。

2ちゃんねる(2ch)投稿者特定を依頼する弁護士の選び方

それでは、どのような弁護士に投稿者特定を依頼すればよいのでしょうか。投稿者特定の弁護士選びに失敗しないための選び方を解説します。

2ちゃんねる(2ch)の削除、投稿者特定実績が豊富な弁護士

弁護士にも専門とする分野があります。特に2ちゃんねる(2ch)の投稿者特定はスピードが重要ですので、削除や投稿者特定の実績が豊富な弁護士による迅速な作業が求められます。弁護士の専門分野は法律事務所のホームページに記載されているので、確認してみましょう。「2ちゃんねる(2ch)の書き込みの削除実績が豊富」、「ネットの投稿者特定実績多数」などと記載されている弁護士が望ましいでしょう。

ITに強い弁護士を選ぶ

2ちゃんねる(2ch)の投稿者投稿の手続は、弁護士の取り扱い分野の「IT」に分類されるものです。IT分野は独特の用語がありますし、手続に迅速さが求められますので、IT分野は取り扱わないとしている弁護士も少なくありません。
いくら優れた交渉能力を持っていたとしてもIT分野の実績がない弁護士やITが得意ではない弁護士に依頼すると、思うような結果が得られない場合もあります。投稿者特定を弁護士に依頼する場合は、IT分野を得意としている弁護士を選択しましょう。

2ちゃんねる(2ch)の投稿者特定を弁護士に依頼した場合の費用

弁護士に投稿者特定を依頼するのがベストということはわかっていても、「費用がいくらかかるかわからないから」と躊躇してしまうものです。そこで、投稿者特定を弁護士に依頼する場合の費用の相場と、アークレスト法律事務所に依頼いただいた場合の費用を記載しております。

裁判外での発信者情報開示請求の場合

仮処分や訴訟ではなく、任意の開示請求で発信者開示請求を依頼した場合の費用の相場は、着手金が5万円から10万円、投稿者が特定できた場合の報酬金が20万円となります。

裁判所を経た発信者情報開示請求の場合

仮処分や訴訟での発信者開示請求を、弁護士に依頼した場合の相場は着手金が20万円程度、報酬金が20万円程度となります。

アークレスト法律事務所ではIPアドレスの開示請求が5万5000円・プロバイダへの発信者開示請求は11万円にて承っております。

IPアドレスの開示請求(任意) 5万5000円~
裁判所へのIPアドレス開示の仮処分の申立て 22万円
プロバイダへの発信者開示請求(任意) 11万円
発信者開示請求訴訟 22万円

投稿者特定後にできること

投稿者を特定することで、以下のような手続が可能となります。

書き込みの削除

通常は、発信者情報開示請求とともに裁判所に削除の仮処分申立てを行います。

慰謝料請求、損害賠償請求

投稿者を特定した場合、その投稿が名誉毀損罪や侮辱罪、著作権侵害などに該当するのであれば投稿者への慰謝料などを請求することができる可能性があります。それ以外にも弁護士費用と調査費用とを合計し、損害賠償金の総額としてインターネットの書き込みによる名誉毀損で200万円を超える損害賠償金の支払いが命じられる事例もあります。
悪質な書き込みに対しては慰謝料の請求を検討しましょう。

訴訟による慰謝料請求や損害賠償請求

投稿者が任意の交渉での慰謝料請求や損害賠償請求に応じない場合は、損害賠償請求訴訟を提起することも可能です。
訴訟の場合は、訴状を作成したり証拠を集めたりと専門的な知識が求められますので、弁護士にご相談ください。

刑事告訴

書き込みが刑法等に違反する場合は、刑事告訴も検討します。刑事告訴を行うことで、投稿者は警察などの捜査機関の取調べを受けることになります。告訴状を提出すれば、捜査機関は必ず捜査に着手しなければなりません。
2ちゃんねる(2ch)の書き込みによって考えられる犯罪は、名誉毀損罪や侮辱罪、業務後妨害罪や脅迫罪などです。また、肖像権や著作権の侵害も考えられます。書き込みの悪質度が高い場合は、刑事告訴を検討しましょう。

まとめ

2ちゃんねる(2ch)の悪質な誹謗中傷の書き込みを行った投稿者を特定するための手続は、複雑です。2ちゃんねる(2ch)に対してだけでなくプロバイダに対しても手続を行わなければなりません。手続は煩雑で非常に時間がかかります。
また、2ちゃんねる(2ch)の発信者情報特定を成功させるためには、IPアドレスの保存期間内に手続を完了させなければならず、時間との闘いです。
私たちアークレスト法律事務所では、数多くの2ちゃんねる(2ch)の削除実績と投稿者特定実績を基に、迅速かつ確実に投稿者特定の手続を行いますので、お困りの方はぜひご相談ください。速やかに、投稿者特定に着手して、被害の拡大の防止に尽力します。

ネット中傷の削除を得意とする弁護士法人アークレスト法律事務所に、記事や書き込みの削除はおまかせください。

お電話でのお問い合わせ

平日9:00~19:00は
下記の番号にお電話ください。

03-5651-7911

土日祝日・夜間は
下記の緊急ダイヤルにお電話ください。

03-4586-2252
WEBフォームから無料相談はこちら

1分で簡単入力・24時間受付!

ネット中傷の削除を得意とする弁護士法人アークレスト法律事務所に、記事や書き込みの削除はおまかせください。

WEBフォームから
無料相談はこちら

1分で簡単入力・24時間受付!

フォームから無料で相談する

お電話でのお問い合わせ

平日9:00~19:00は
下記の番号にお電話ください。

03-5651-7911

土日祝日・夜間は
下記の緊急ダイヤルにお電話ください。

03-4586-2252

代表弁護士 野口 明男

代表弁護士

  • 代表弁護士 野口 明男
  • 野口 明男

    東京都出身
    京都大学工学部卒

旧司法試験に合格し、平成17年に弁護士登録後、日本最大規模の法律事務所において企業が抱える法律問題全般について総合的な法的アドバイスに携わる。
弁護士と企業とのコミュニケーションに最も重点を置き、中小企業の経営者のニーズ・要望に沿った法的アドバイス及び解決手段の提供を妥協することなく追求することにより、高い評価を得ている。
単に法務的観点だけからではなく、税務的観点、財務的観点も含めた多角的なアドバイスにより、事案に応じた柔軟で実務的な解決方法を提供する。

メディア掲載実績

雑誌掲載

朝日新聞出版
『週刊エコノミスト』
2019年2月19日号

雑誌掲載

ダイヤモンド社出版
『週刊ダイヤモンド』
2019年2月9日号

雑誌掲載

朝日新聞出版
『AERA (アエラ) 』
2019年3月4日号

テレビ出演

フジテレビ系列「めざましテレビ」2018年12月14日放送で、ネット犯罪に詳しい弁護士として野口明男がインタビューに応じました。

弁護士法人アークレスト法律事務所では、代表弁護士の野口明男を含め合計2名の弁護士が所属しております。
記事削除・投稿者特定・訴訟など、それぞれが得意とする分野を活かして、お悩みの解決に取り組ませて頂いております。

弁護士法人アークレスト法律事務所について

OFFICE

〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町3-7-3
NCC人形町ビル3階
GoogleMAPで地図をみる

ABOUT US

事務所名
:弁護士法人アークレスト法律事務所
所長弁護士
:野口明男
所属会
:第二東京弁護士会

CONTACT

TEL
:03-5651-7911
FAX
:03-5651-7912

個人情報保護方針(プライバシーポリシー)

【個人情報保護と取り扱いについて】

当事務所は個人情報の保護に関する法令等を遵守するとともに、本プライバシーポリシーを遵守します。

【個人情報の適切な取得】

当事務所では、次のような場合に必要な範囲で個人情報を収集することがあります。
・無料相談の時
・ご依頼を受けた時

【安全管理の実施】

個人情報は、正確かつ最新の内容に保つよう努めるとともに、漏えい、滅失、き損、 不正利用等の防止のため合理的な安全管理措置を講じます。 個人情報の安全管理が図られるよう、個人情報を取り扱う従業者や委託先に対して、必要かつ適切な監督を行います。

【個人情報の利用目的】

当法律事務所は、個人情報を以下の目的で利用し、その利用目的の達成に必要な範囲でのみ個人情報の取り扱いを致します。
・弁護士業務とその周辺業務
・統計・各種マーケティング調査の実施
・お問い合わせに対する対応
・その他、上記の利用目的に付随する一切の目的

【個人情報の正確性の確保と安全管理】

当法律事務所は、個人情報を扱うに際し、上記の利用の目的を達成する範囲で個人情報を正確・最新の内容に保つように努め、安全管理措 置を講じ、従業者を監督します。

【個人情報の第三者に対する提供】

原則として、ご本人の同意がある場合や法令に基づく場合を除き、個人情報を第三者へ提供いたしません。 ただし、業務上必要な場合で第三者に提供する際は、あらかじめその旨を明示してから行います。

【個人情報の開示、訂正、利用停止】

当事務所が保有する個人情報に関して開示・訂正・追加または、削除・利用停止・利用目的の停止に係るご本人からの請求があった場合には、お申し出頂いた方がご本人であることを確認の上、誠実かつ速やかに対応します。

【継続的改善】

個人情報保護が効果的に実施されるよう、体制や管理について計画的に見直しを行い、継続的改善に努めます。

【個人情報に関するお問い合わせ】

個人情報に関するお申出、ご意見、ご質問、苦情その他のお問い合わせは、下記までご連絡ください。 弁護士法人アークレスト法律事務所 TEL:03-5651-7911