アークレスト法律事務所

フォームから無料相談

お電話で無料相談

個人で削除依頼するのは難しい!?ホスラブで誹謗中傷被害に遭った場合の対処法

最終更新日

ホスラブで名誉毀損や風評被害の書き込みをされる

インターネット掲示板はさまざまな種類が存在し、それぞれに特徴があります。代表的なものとして2ちゃんねるが挙げられますが、ホストラブ(通称:ホスラブ)のようにターゲットを絞りピンポイントの情報だけを扱っている掲示板もあります。

ただ、どのような掲示板でも、避けられないのが誹謗中傷などの人権侵害の問題です。皆さんの中でも、嫌がらせや誹謗中傷を受けた経験がある人もいるのではないでしょうか。本記事では、ホスラブでそのような被害に遭った場合の対処法などを解説していきます。

1、ホスラブ(ホストラブ)とは?

そもそもホスラブとは、そのサイト名の通り、ホストや水商売に特化した掲示板です。2001年にスタートし、現在は水商売を中心に、関連する業界の人が広く利用しています。スレッドは、北海道版・東北版・関東版・東海版・北陸信越版・関西版・四国版・中国地方版・九州版・沖縄版と地方ごとに分かれており、地域ごとの話題ができるようになっています。

1-1 利用者は月間200万人

ホスラブの利用者は、圧倒的に水商売系の仕事に関わる人が多いのが特徴です。ただし、月間利用者数は200万人を超えており、「水商売の人が利用するサイト」という範疇を超えているのが現状としてあります。また、会員登録不要で、匿名性も高いことからも、個人に対する嫌がらせや誹謗中傷などの意見も少なくありません。

1-2 性的な話題が多い

ホスラブは、水商売に特化した掲示板です。そのため、18歳以下閲覧禁止の年齢制限が設けられています。また、利用者も水商売に関わる人たちが中心ということもあり、どうしても性的な話題が増えてきます。ネット掲示板は不特定多数の人が自由に閲覧することができるため、このような話題がプライバシー侵害につながることも珍しくありません。

2、ホスラブの問題点

水商売に特化している掲示板であることからも、ホスラブに書き込まれた個人情報や誹謗中傷に悩んでいる、ホステス、キャバクラ譲、風俗嬢、ホストは少なくありません。また、お店などに対して悪口を書き込まれるケースも出てきています。その具体例をいくつかご紹介します。

2-1 キャバ嬢や風俗嬢同士で悪口を書き込む

夜で働いている者同士、少しでもライバルを蹴落としたいという気持ちがあるのでしょう。「枕営業している」「整形している」といった情報をホスラブに書き込まれるという被害が多発しています。このような投稿が原因で妙な噂が広まってしまい、仕事に影響が出てきてしまうかもしれません。

2-2 キャバクラやホストクラブなどの店が誹謗中傷される

ホスラブで誹謗中傷被害を受けるのは、キャバ嬢や風俗嬢だけではありません。ホスラブでは「東京のお店 あ~た」のように、細かく店ごとの情報が掲載されています。こうした掲示板で、風評被害を受けるお店も少なくありません。客足が遠のくだけでなく、閉店にまで追い込まれるかもしれません。

2-3 ホスラブでは客の誹謗中傷をすることがある

お店で働いている人などが、客について悪口を書き込む例もあります。「○○社長はケチ」「不倫をしている」といった投稿をされてしまえば、社員からの信頼を失うだけでなく、取引先からのイメージも悪くなってしまうでしょう。中には、事実とは異なることを書かれて被害に遭うケースもあります。

3、誹謗中傷や風評被害の書き込みを放置するとどうなるか

お店で働いている従業員や経営者の中には、ホスラブで書き込まれる風評被害を気にしないという人もいるかもしれません。確かに匿名で投稿できるため信用性も低いのですが、何もせずに放置しておくと、さまざまな問題に直面する可能性が十分に考えられます。

3-1 お店の評判が落ちて売り上げに影響を及ぼす

キャバ嬢やホストだけでなく、お店の悪口を書き込まれることで、売り上げに影響を及ぼします。最初は小さな問題だと思っていても、徐々に被害は大きくなっていくものです。特に、SNSなどで拡散されてしまうと、火種は強くなるばかり。客足が遠のいてしまい、閉店にまで追い込まれるかもしれません。

3-2 仕事を続けることが難しくなる

不特定多数の人が自由に閲覧できるネット掲示板では、事実無根のことでさえも「本当にあった」として捉えられることも少なくありません。誹謗中傷を受けてお店を辞めるだけなら良いですが、性的な内容で被害者がうつ状態になることもあります。そうなると、今後の社会復帰も難しくなってしまうでしょう。

3-3 ストーカー被害に遭う

ホスラブでは、熱心な顧客などによって、キャバ嬢やホストの個人情報(住所や氏名の公開)が漏洩されることも少なくありません。この情報を閲覧した人がストーカー行為を行うことも考えられます。近年では過激にストーカーによる傷害事件も増えており、そのような問題が起こる前に、早急に対処することが望まれます。

3-4 身内に水商売をしていることがバレる

キャバ嬢や風俗嬢といった水商売に関わる仕事をしている人の中には、家族など身内に秘密にしていることも珍しくありません。しかし、ホスラブでは彼女たちのプライベートな情報が日常茶飯事で漏洩されています。これがきっかけで、水商売をしていることが周囲に広まってしまい、身内にバレてしまうことも考えられます。

3-5 昼職についてバラされる

本業の職種や業態、職場のエリアなどについて書き込みされ、暴露されるケースも実際に多くあります。

4、自分で削除依頼するデメリット

ホスラブで誹謗中傷被害に遭ったら、真っ先に削除依頼をするかと思います。名誉棄損など少しややこしい話になるかもしれませんが、それでも自分で削除申請をすることはできます。しかし、自分ですべて行おうとすると、思わぬ落とし穴が隠れているかもしれません。

4-1 ホスラブに対して削除申請する方法

ホスラブには、専用の削除依頼フォームが用意されています。これは、メールを使って管理者に対し削除依頼をする方法です。ホスラブでは、これ以外での削除依頼には対応していません。削除依頼フォームを使った、具体的な削除依頼方法は以下の通り。

  1. 対象URLの14桁の数字を記入する(例:20140123215451)
  2. 対象レス番号を記入する(例:12,15,80,120)
  3. 各レスに対して削除理由をガイドラインから抜き出し表記する
  4. 依頼ボタンで送信する

4-2 削除の判断は「削除人」次第

ホスラブの削除依頼ガイドでも書かれている通り、削除はボランティアが対応しています。そのため、削除してくれるかどうかは、この「削除人」次第と言って良いでしょう。ただし、削除する判断はガイドラインや利用規約に則っているため、ルールに従った依頼をすれば、削除対応してくれるはずです。

4-3 削除依頼は全体に公開される

削除依頼について、他のネット掲示板と少し異なる部分があります。ホスラブでは、削除依頼履歴として、削除申請分が全体に公開され、誰でも見られる状態にあることです。そのため、あまりに詳細な理由や、プライベートな書き込みをすると、二次被害へと発展してしまう恐れがあります。

5、まとめ

ホスラブで削除できる確率を上げるコツは以下の通り。

  • 削除依頼ガイドラインのどこに該当しているか
  • 利用規約のどこに違反しているか
  • 公益性が無い理由は何か(無いほうが削除されやすい)
  • 削除する対象はスレかorレス

しかし、間違った依頼をしてしまったり、削除人に嫌われてしまうということも考えられます。つまり、ホスラブにおける誹謗中傷を個人で削除依頼するのは難しいでしょう。

迅速に削除依頼したい人は、弁護士を頼ってみてください。最近では、ホスラブのようなネット掲示板関連の問題に強い弁護士も少なくありません。ホスラブで誹謗中傷問題にお困りの方は、一度相談してみてはいかがでしょうか。

ネット中傷の削除に特化したアークレスト法律事務所に、記事や書き込みの削除はおまかせください。

お電話でのお問い合わせ

受付時間 10:00~18:00

03-5651-7911
WEBフォームから無料相談はこちら

1分で簡単入力・24時間受付!

ネット中傷の削除に特化したアークレスト法律事務所に、記事や書き込みの削除はおまかせください。

WEBフォームから無料相談はこちら

1分で簡単入力・24時間受付!

フォームから無料で相談する

お電話でのお問い合わせ

受付時間 10:00~18:00

03-5651-7911

代表弁護士 野口 明男

所属する弁護士の紹介

  • 代表弁護士 野口 明男
  • 代表弁護士
    野口 明男

    東京都出身
    京都大学工学部卒

旧司法試験に合格し、平成17年に弁護士登録後、日本最大規模の法律事務所において企業が抱える法律問題全般について総合的な法的アドバイスに携わる。
弁護士と企業とのコミュニケーションに最も重点を置き、中小企業の経営者のニーズ・要望に沿った法的アドバイス及び解決手段の提供を妥協することなく追求することにより、高い評価を得ている。
単に法務的観点だけからではなく、税務的観点、財務的観点も含めた多角的なアドバイスにより、事案に応じた柔軟で実務的な解決方法を提供する。

  • 弁護士 新美 智彬
  • 弁護士
    新美 智彬

    東京都出身
    中央大学法学部卒
    明治学院大学法科大学院卒

大学院卒業後、都内大手資格予備校の法務部に2年間勤務し、契約書業務、広告物審査業務、労働者管理業務、債権回収業務及び税務署・警察署対応業務など中小企業で取り扱いうる法務経験を幅広く積む。
平成24年司法試験合格により同社を退職、1年の司法修習を経た後、アークレスト法律事務所に参加。

  • 弁護士 石井 奏
  • 弁護士
    石井 奏

    北海道出身
    中央大学法学部卒
    同志社大学法科大学院卒

平成27年に司法試験合格し、当事務所にて誹謗中傷対策のサービスに従事しております。 我々アークレスト法律事務所にネット中傷削除の依頼をして頂くお客様の多くは、深刻なトラブルを前に深く傷ついていらっしゃる場合がほとんどです。 家族や同僚との信頼関係が壊れてしまい、精神的なダメージ負ってしまったり、社会的な信頼が失墜し、売上が減少してしまう場合も多くございます。 そういった被害者の方と一緒に対策を進めながら、少しでも心に寄り添い、安心した生活に戻れる希望を持って頂けるよう、お役に立てればと考えております。

アークレスト法律事務所について

OFFICE

〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町3-7-3
NCC人形町ビル3階
GoogleMAPで地図をみる

ABOUT US

事務所名
:アークレスト法律事務所
所長弁護士
:野口明男
所属会
:第二東京弁護士会

CONTACT

TEL
:03-5651-7911
FAX
:03-5651-7912