弁護士法人アークレスト法律事務所
通話による無料相談/平日9:00-19:00受付
03-5651-7911
まずはフォームから無料相談|簡単入力・受付後は即対応/スピード解決

フォームから無料相談

お電話で無料相談

ホスラブ削除の方法を解説~書き込みを正しく削除依頼~

最終更新日

ホスラブで名誉毀損や風評被害の書き込みをされる

インターネット上の匿名掲示板には、ホスラブ・爆サイ・2ちゃんねる・5ちゃんねる・したらば等、様々なサイトが存在します。
ホスラブ(ホストラブ)はナイトワークに関するスレッドが多い、特徴的な掲示板です。匿名性やカテゴリなどの特性から、ネット中傷・悪口・名誉毀損の被害に遭う可能性があり、嫌がらせに悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
当記事では、ホスラブで起こりうる誹謗中傷などの被害状況と、削除をはじめとする解決方法について解説をしていきます。

1:ホスラブとは

ホスラブとは、月間利用者数が200万人を超える(※1)、日本最大級の匿名掲示板の一つです。2001年にスタートし、当初はホストクラブ関連を話題の中心とする掲示板だったものの、現在ではキャバクラ・ガールズバー・風俗をはじめとするナイトワーク全般の話題を中心とした、大規模な掲示板となっています。

スレッドは、関東版・北海道版・東北版・東海版・北陸/信越版・関西版・中国地方版・四国版・九州版・沖縄版と、エリアごとに分けられています。エリアはさらに都道府県別に分かれており、全国対応となっています。
掲示板以外のコンテンツには、求人・小説・プロフィール作成サイト・プロフ連動型チャットや、姉妹サイトの「夜ちゃんねる」なども存在しています。

会員登録を必要とせずに書き込みが出来るため、匿名性が高い掲示板です。また、18歳未満の利用は禁止されております。

こういった特徴から、ナイトワークに関連している特定の個人や店舗に対する話題が増え、中傷や名誉毀損を含む書き込みの被害が増えています。

(※1:出典:http://www.hostlove.com/)

2:ホスラブで起こりうる被害

ホスラブで起こりうる被害について、具体例を紹介します。

2-1:悪口や誹謗中傷の書き込み

  • 事実無根・虚偽の書き込みをされる。
  • 枕営業・ホスト通いなどとネガティブな書き込みをされる。
  • 反社会的勢力との繋がりがあるなど悪評を書き込まれる。

2-2:プライバシーを侵害する書き込み

  • 個人情報を晒されてしまう。
  • 本名・住所・電話番号・SNSのアカウント等の情報が書き込みされる。
  • 整形や、離婚歴など知られたくない過去を暴露されてしまう。
  • 私生活の写真や動画をアップされるなどの迷惑行為。

2-3:社会的信用をおとしめる名誉毀損や秘密の暴露

  • 自分の秘密を暴露される。
  • 過去に働いていたお店や、業種業態など職歴を暴露される。
  • 逮捕歴や犯罪歴・前科などを暴露される。

こうした書き込みをされる事で、生活や営業に支障が出てくるかと思います。

ネガティブな書き込みを見つけてしまうと、翌日からもホスラブを毎日何回もチェックし、自分を叩くような書き込みが無いかチェックする事が習慣になり、気になって仕方がなくなる事もあるかもしれません。
同じお店のキャストが書き込んでいるのではないかと疑いの気持ちが出て、人間不信になってしまう事もあるでしょう。 悪口を言われたりスレッドが立ったりする事は、人気があり、注目されている証拠であるという考え方もあるかもしれません。
しかしながら、指名客が離れてしまったり、お店に出勤するのが億劫になり、鬱状態になったりと実害が出てしまう深刻なケースに発展する可能性もあります。
そのような時は、誰が書き込みをしたのか特定し、訴訟したいケースも出てくるかと思います。

被害を放置したり、我慢して目を背けず、勇気を出して解決に向けて動くという判断が必要な場合は、弁護士に相談する事をおすすめします。

3:ホスラブでの中傷被害は女性キャストだけではない

キャバクラやガールズバーに所属している女性キャスト以外でも、ホスラブに中傷書き込みをされる可能性が充分にあります。

3-1:ホストクラブの板に誹謗中傷の書き込み

ホストクラブの在籍ホストに対して、悪口・名誉毀損・暴言・プライバシー侵害などの書き込みがされるケースもありますが、被害はそれだけではありません。
来店客同士が掲示板で叩きあい、来店客がお店に行きにくくなるといったケースも考えられます。

3-2:ホスラブの店舗スレッドに対してお店のスタッフに対する書き込み

ホスラブに書き込まれやすい内容として、スタッフに対する悪口や暴露があげられます。

  • 従業員同士の恋愛関係について、秘密や噂を書き込まれる
  • オーナーや店長について「講習・指導が不適切」「態度や給与に贔屓がある」などの書き込み
  • 店舗の運営について「売上が落ちていて潰れそう」「ヤクザ組織との繋がりがある」などの書き込み

こうした書き込みを来店客が目にした場合、お店へのイメージは悪くなり風評被害をうけてしまいます。悪評が店舗の売上の低下に繋がる事も考えられます。
また、従業員のモチベーションが低下したり、書き込みされた当事者はお店にいずらくなって辞めてしまうケースも考えられるため、店舗側としても警戒するべきリスクとなります。

3-3:お店の来店客に対する書き込み

キャスト側が、来店客についての情報漏えいなどの書き込みをするケースもあります。

  • キャストとの愛人関係・肉体関係について噂や暴露
  • 来店客が不倫状態にある事を暴露
  • 来店客の企業名や役職・経済状態・住所などの情報を漏えい

こういった書き込みをされた来店客は、お店に対して信頼を失い、離れてしまう可能性もあります。
来店客側からしても、自分のプライバシーを侵害されたり、名誉を毀損されるトラブルに巻き込まれる危険があるのです。

4:自分でホスラブに削除依頼する方法と、そのデメリット

削除は、自分で削除するか、弁護士を通じて削除するかを検討する必要がありますが、まずは自分で削除依頼をする方法を紹介します。
自分で進める場合のデメリットも多いため、良く検討し深刻度の高いケースは弁護士にまず相談する事をおすすめします。

4-1:ホスラブの利用規約に違反している書き込みか

まず削除したい書き込みが、ホスラブの利用規約に違反しているか確認していきましょう。虚偽・個人情報の開示・誹謗中傷・名誉毀損をはじめとする行為が違反となります。

禁止行為

4-2:ホスラブの削除依頼ガイドラインで禁止された内容か

次に、ホスラブで定められた削除依頼ガイドラインにて禁止された内容であるか確認する事が重要です。個人名・住所・所属・電話番号・メールアドレス・ホスト情報・誹謗中傷・私生活情報が該当します。
※既に公開されている情報・公益性がある情報など削除対象ではない場合も多いため、確認が必要です。

削除依頼ガイドライン 1個人名・住所・所属について 2電話番号について 3メールアドレス・ホスト情報について 4誹謗中傷について 5私生活情報について

4-3:重要な注意点

  • ホスラブに対して、削除依頼をしてから削除まで96時間を目処に時間がかかる。
  • スレッド削除についてはボランティアである削除人の判断となる。
  • 削除依頼した場合、依頼文章の履歴はホスラブ上で一般公開されてしまう。

4-4:削除依頼の方法

ホスラブには、専用の削除依頼フォームが用意されており、管理者に対して削除依頼をする事が出来ます。また、削除依頼フォーム以外の方法には対応していません。
具体的な削除依頼方法は以下の通りです。

  • 対象URLの14桁の数字を記入する
  • 対象レス番号を記入する(例:12,15,80,120)
  • 各レスに対して削除理由を明確に表記する
  • 名前・メールアドレスの記入をして、依頼ボタンから送信する
ガイド 1スレッド番号 2レス番号 3削除理由 4スレッドごとの削除

4-5:自分でホスラブに削除依頼をする場合のデメリット

自分で削除依頼をする場合、消したい書き込みがホスラブの利用規約やガイドラインに違反しているか、良く確認する必要があります。
削除まで時間がかかる上に、ボランティアである削除人の判断次第で削除されないケースもあります。
また、削除依頼文章はネット上に公開されてしまうため、拡散や炎上など二次被害に発展する可能性も出てきてしまいます。
スピーディ・安全・合法的に削除したい場合には、掲示板の書き込み削除に精通した弁護士に依頼する事をおすすめします。

5:弁護士を通じてホスラブに削除依頼する方法と、そのメリット

ホスラブに対して、法的な理由を明確にした削除依頼が可能です。

弁護士がホスラブに対して削除請求を行う場合、どのような法律を根拠に削除するのかの根拠を示すことができます。
名誉毀損罪・脅迫罪・侮辱罪・偽計業務妨害などの罪名や、著作権・肖像権・プライバシー権などの権利侵害の何に該当するのかを明確にして削除請求を行うため、ホスラブ側の対応も変わってくる事になります。

書き込みが「名誉毀損に該当するかの判断基準と削除方法」についての記事もご覧ください。

ホスラブのスレッドごと削除依頼する場合もあります。

個人スレッドや、消したい書き込みが多いスレッドについて、スレッドごと削除依頼を進める場合もあります。

弁護士以外の削除業者に削除依頼をする事は違法です。

弁護士の資格を持たない削除業者による削除行為は、弁護士法72条で禁止されております。非弁行為という違法行為にあたります。
安心して合法的に削除を進めるために、弁護士にご依頼ください。

風評被害対策会社の違法性」について詳細を解説をした記事もご覧ください。

誰が書き込みをしたのかを、特定する手続きを進める事が出来ます。

書き込みを削除しただけでは被害は止まらず、粘着投稿をされてしまうケースもあります。
誰が書いたか特定されなければ感情もおさまらない場合や、謝罪や今後の書き込みをやめさせたいケースもあるかと思います。
そういった場合に、弁護士であれば書き込みをした投稿者を特定する手続きを進める事が可能です。

投稿者特定には下記のような手続きが必要となります。

  • IPアドレスの開示請求
  • 発信者情報開示請求
  • 仮処分申立

誹謗中傷の書き込みをした投稿者の端末情報を知り、そこから「意見照会書」を契約者住所に送付する事で、投稿者の住所・氏名・電話番号・メールアドレス等の個人情報提出を求めます。こうした法律業務は弁護士にご依頼頂く事で進める事が可能です。

ネット中傷書き込みの「IPアドレス開示から、投稿者を特定するまでの流れ」について解説した記事もご覧ください。

特定した投稿者に対して、訴訟や刑事告訴が可能になります。

実際に生活や営業に支障が出たり、損害が出てしまった深刻な問題の場合は、慰謝料や損害賠償請求をしたいケースもありえます。そういった場合に、弁護士であれば訴訟・刑事告訴に進める事も可能です。

6:ホスラブの書き込み削除は弁護士にご相談ください。

ホスラブをはじめとする匿名掲示板では、誹謗中傷や名誉毀損の書き込みによる被害が発生する確率は高くなります。心無い書き込みによって、気分を害したり活動に支障が出てしまう事もあるかもしれません。
また自分が加害者側に立ってしまったという方もいらっしゃるかもしれません。
酔った勢いで感情的になり、嫉妬や恨みから書き込みをしたものの、事の重大さに気が付いて後悔するという状況も考えられます。
被害者側であっても加害者側であっても、一刻も早く書き込みを削除し、問題が大きくなる事を未然に防ぐ事を検討しましょう。
既に問題が深刻化し、投稿者の特定や訴訟を進める必要がある場合は、その分野に精通した弁護士にまず相談するのが良いでしょう。
より確実に安心して削除したい方、自分で進めた削除依頼が通らない場合やスピーディに削除したい方、投稿者を特定したい方、訴えたい方は、まずアークレスト法律事務所にお気軽にご相談ください。

ネット中傷の削除を得意とする弁護士法人アークレスト法律事務所に、記事や書き込みの削除はおまかせください。

お電話でのお問い合わせ

お電話での受付時間:平日9:00~19:00
※時間外・土日祝日はWEBフォームのみ受付可能

03-5651-7911
WEBフォームから無料相談はこちら

1分で簡単入力・24時間受付!

ネット中傷の削除を得意とする弁護士法人アークレスト法律事務所に、記事や書き込みの削除はおまかせください。

WEBフォームから無料相談はこちら

1分で簡単入力・24時間受付!

フォームから無料で相談する

お電話でのお問い合わせ

お電話での受付時間:平日9:00~19:00
※時間外・土日祝日はWEBフォームのみ受付可能

03-5651-7911

代表弁護士 野口 明男

代表弁護士

  • 代表弁護士 野口 明男
  • 野口 明男

    東京都出身
    京都大学工学部卒

旧司法試験に合格し、平成17年に弁護士登録後、日本最大規模の法律事務所において企業が抱える法律問題全般について総合的な法的アドバイスに携わる。
弁護士と企業とのコミュニケーションに最も重点を置き、中小企業の経営者のニーズ・要望に沿った法的アドバイス及び解決手段の提供を妥協することなく追求することにより、高い評価を得ている。
単に法務的観点だけからではなく、税務的観点、財務的観点も含めた多角的なアドバイスにより、事案に応じた柔軟で実務的な解決方法を提供する。

メディア掲載実績

雑誌掲載

朝日新聞出版
『週刊エコノミスト』
2019年2月19日号

雑誌掲載

ダイヤモンド社出版
『週刊ダイヤモンド』
2019年2月9日号

雑誌掲載

朝日新聞出版
『AERA (アエラ) 』
2019年3月4日号

テレビ出演

フジテレビ系列「めざましテレビ」2018年12月14日放送で、ネット犯罪に詳しい弁護士として野口明男がインタビューに応じました。

弁護士法人アークレスト法律事務所では、代表弁護士の野口明男を含め合計4名の弁護士が所属しております。
記事削除・投稿者特定・訴訟など、それぞれが得意とする分野を活かして、お悩みの解決に取り組ませて頂いております。

弁護士法人アークレスト法律事務所について

OFFICE

〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町3-7-3
NCC人形町ビル3階
GoogleMAPで地図をみる

ABOUT US

事務所名
:弁護士法人アークレスト法律事務所
所長弁護士
:野口明男
所属会
:第二東京弁護士会

CONTACT

TEL
:03-5651-7911
FAX
:03-5651-7912

個人情報保護方針(プライバシーポリシー)

【個人情報保護と取り扱いについて】

当事務所は個人情報の保護に関する法令等を遵守するとともに、本プライバシーポリシーを遵守します。

【個人情報の適切な取得】

当事務所では、次のような場合に必要な範囲で個人情報を収集することがあります。
・無料相談の時
・ご依頼を受けた時

【安全管理の実施】

個人情報は、正確かつ最新の内容に保つよう努めるとともに、漏えい、滅失、き損、 不正利用等の防止のため合理的な安全管理措置を講じます。 個人情報の安全管理が図られるよう、個人情報を取り扱う従業者や委託先に対して、必要かつ適切な監督を行います。

【個人情報の利用目的】

当法律事務所は、個人情報を以下の目的で利用し、その利用目的の達成に必要な範囲でのみ個人情報の取り扱いを致します。
・弁護士業務とその周辺業務
・統計・各種マーケティング調査の実施
・お問い合わせに対する対応
・その他、上記の利用目的に付随する一切の目的

【個人情報の正確性の確保と安全管理】

当法律事務所は、個人情報を扱うに際し、上記の利用の目的を達成する範囲で個人情報を正確・最新の内容に保つように努め、安全管理措 置を講じ、従業者を監督します。

【個人情報の第三者に対する提供】

原則として、ご本人の同意がある場合や法令に基づく場合を除き、個人情報を第三者へ提供いたしません。 ただし、業務上必要な場合で第三者に提供する際は、あらかじめその旨を明示してから行います。

【個人情報の開示、訂正、利用停止】

当事務所が保有する個人情報に関して開示・訂正・追加または、削除・利用停止・利用目的の停止に係るご本人からの請求があった場合には、お申し出頂いた方がご本人であることを確認の上、誠実かつ速やかに対応します。

【継続的改善】

個人情報保護が効果的に実施されるよう、体制や管理について計画的に見直しを行い、継続的改善に努めます。

【個人情報に関するお問い合わせ】

個人情報に関するお申出、ご意見、ご質問、苦情その他のお問い合わせは、下記までご連絡ください。 弁護士法人アークレスト法律事務所 TEL:03-5651-7911